採用情報

採用情報

トップページ > 採用情報 > 新卒採用 > 先輩の声

新卒採用

先輩の声


平成23年入庫 渉外係

日々成長

大学では法学部で金融に関する知識は殆ど持ち合わせていませんでしたが、地元に貢献できる仕事がしたいと考え入庫しました。
現在は渉外係としてお客さまを訪問しています。未熟ながらもお客さまにとっては当金庫との接点となるため責任を感じていますが、上司や先輩のサポート受けながら日々走り回っています。お客さまに感謝され、なにかあればすぐに相談に行くなどの言葉を頂いたときには本当にやりがいを感じます。また、住宅ローンや資産運用など個人を訪問するだけでなく会社にも訪問するため普段知り合うことが難しい経営者にも会う機会があるなど、より多くの人と関わることができる仕事です。そのため地域の一員として貢献できるだけでなく、自分自身も知識だけでなく様々な点で日々成長していくことができる仕事です。
今後も地元で大きな役割を担う信用金庫の一員として一人でも多くのお客さまをサポートできる金融マンになるように努力します。


平成23年入庫 テラー係

お客さまの信頼に応える

私は自分の生まれ育った知多半島で、地域の人々と深く関わる仕事がしたいと思い入庫しました。入庫当初は金融に関する知識は全くありませんでしたが、上司や先輩の暖かい支援・指導のもと、預金・融資の後方事務を経験し、現在はテラー係を担当しています。
お客さまを資金面で支えるこの仕事には、責任とやりがいを感じます。地域のお客さまと接する中でつながりを身近に感じることができ、私のことを覚えて頂けたり、些細なことでもお役に立つことができるとうれしく思います。
日々の業務を迅速かつ正確にこなすことはもちろんですが、それだけでなく、お客さまとの何気ない会話の中からニーズを聞きだすことも心がけて取り組んでいます。お客さまそれぞれのライフプランに合った商品を提案できるテラーを目指し、今後も幅広い知識を身につけ、お客さまの信頼に応えられるよう、日々努力していきたいと思います。


平成23年入庫 渉外係

私にとって地域貢献

私は学生時代、どのような職種・業種に勤めたいかは明確になっていませんでしたが、地元のために働きたいという思いが強く、知多信用金庫に入庫しました。
初めは金融に関する知識がなく、不安なことや辛いこともありましたが、上司や先輩の指導に助けられ、仕事だけではなく、社会人としてのマナーも学んでいきました。
渉外係になった現在は、今まで以上にお客さまからの質問や相談をお受けするようになり、未熟さからお叱りをいただく事もありました。しかしそれ以上に、日々お客さまに接する事の楽しさや、感謝された時のうれしさが、この仕事にはあると実感しています。 今の私の目標は、お客さまのライフプランやニーズにあった商品をご提案していく事です。金融という切り口から、地元とお客さまに貢献できるよう、毎日全力で仕事に取り組んでいます。


平成23年入庫 テラー係

お客さまとの出会いを大切に

大学では経済学を学び、そこで人の生活に欠かせなく密接に関わるお金に携わる仕事がしたいと感じました。そして生まれ育った地元の方々の生活設計の良きアドバイザーになりたいと考え入庫しました。
入庫してから1年程は、預金係として後方事務を経験しました。現在はテラー業務を担当しています。多くのお客さまと接することで、新たな経験や知識を吸収し、日々学ぶことの連続です。また、自分を訪ねてきてくださるお客さまが増えるごとにやりがいと喜びを感じています。
お客さまから相談を受け、お客さまのご要望にお応えできるよう、移り変わっていく経済情勢や商品知識をより深く理解して、地域のお客さまの良きパートナーとなれるよう努めていきたいと考えています。

PC版に切り替える スマートフォン版に切り替える

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る