農事組合法人黒牛の里

黒牛の里は、知多半島の酪農家が育てた「知多牛」を取り扱う焼き肉レストランです。
黒牛の里設立以前は、一戸当たりの飼養頭数が日本一を誇る酪農王国知多半島でありながら、地元では知多牛を明記した商品を取り扱うお店がありませんでした。
平成7年に移動販売車により酪農家自ら牛肉の直売を行ったのをきっかけに、地元では知多牛を購入できる場所の設置を願う声が高まり、平成10年7月に溶岩焼きの焼き肉レストランとしてオープンしました。
現在は、半田市と東海市に焼き肉レストラン2店舗、すき焼きしゃぶしゃぶ店1店舗を展開しております。

  

商品・製品紹介

黒牛の里にご来店されましたら是非、ねぎ塩ロースをお召し上がりください。
溶岩焼の遠赤外線効果により霜降り肉の旨味が更に高まります。
また、知多牛ハンバーグも大人気です。