新着情報

ちたしん経友会 会長あいさつ
(知多信用金庫理事長:齋藤 健一)

平素は知多信用金庫をご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。
平成29年6月19日に「ちたしん経友会」会長に就任いたしました。

「ちたしん経友会」は、平成24年4月に当金庫設立85周年事業の一環で設立した、地元の企業経営に携わるみなさまが会員となるネットワーク組織で、平成29年6月時点で会員数76名を数えます。

これまで、会員様対象の事業セミナーや文化講演会、企業視察などを開催し、経営ノウハウの提供を実施してきました。
今後も、新規会員の加入に努め、会員相互間のネットワークの交流の機会を提供したいと考えております。

日本の経済環境は緩やかな改善傾向で、中小企業を取り巻く状況も改善傾向にありますが、企業規模、業種、地域によって改善の度合いにばらつきがあります。
地元企業の課題もさまざまで、それらの課題解決や地域社会の変化に対応できる経営支援を行うことが地域金融機関の使命と考えます。
最近では、地域金融機関の役割として「地方創生」への参画があり、積極的にその役割を果たしながら、「ちたしん経友会」の運営を通して、地域の発展に努める所存です。
 

あすなろ経営塾塾長あいさつ
(有限会社昭栄運輸代表取締役:清田 浩一郎)

平成30年7月4日にあすなろ経営塾の塾長に就任いたしました。
株式会社沢田工務店代表取締役澤田貞雄氏から塾長職を引き継ぎ、「あすなろ経営塾」の活性化に努める所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。
塾名の“あすなろ”とは、“明日はヒノキになろう“との成長を目指す意味が込められております。
中小企業の若手経営者で組織される本塾は、経営に役立つ年6回の講座や塾生間の情報交換などを通して、塾生自身の成長とともに事業の活性化を目指すものです。
「地方創生」の時代、中小企業に求められるものは「地域経済の活性化(CSR)」だけでなく「企業価値と社会価値との創造(CSV)」へと移行しております。地域との関わりが深い中小企業にとって、地域社会の課題解決に寄与し、本業の活性化が地域社会の発展に資することを認識しております。
時代の変化、地域社会の動向をいち早く知り、経営者としてのスキル、ノウハウなどを学び、時に切磋琢磨して、塾生の皆様とともに本塾の充実化を図っていく所存ですので、ご指導・ご協力のほどお願い申しあげます。